最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

生命保険の保険料支払方法

  1. 生命保険の保険料支払方法|
  2. 生命保険|
生命保険の保険料の支払方法には定期型と終身型の2種類あり、生命保険と同様に、短期間であれば定期保険、長期間の加入であれば終身型の方が保険料が安くなります。

解約返戻金が出る保険もありますが、保険料自体が比較的安めなため保険料に左右される返戻金もその分少なくなります。
なので貯蓄面ではなく保障期間で選ぶ方が良いでしょう。
余裕があるなら保障が一生涯の終身にした方が安心です。
さらに特約もつけられるので保障の内容を調節することも可能です。

また、高度先進医療などに対応している保険を選んでおくと良いでしょう。
メリットの多いがん保険ですが、加入後90日以内のがんには保険金が出ず、さらに古い保険では一部のがんで保険金が出ないものもあるので、検討している保険がどのがんに対応してるのか十分に確認してから加入しましょう。

がん保険の保障

  1. がん保険の保障|
  2. 生命保険|
日本人の死因の第一位はがんと言われ、現在も多くの人ががんにかかっています。過去には不治の病と呼ばれていたがんですが、現在は医療技術の進歩で多くのがんが治るようになりました。
しかし、その分医療費が高額だったり、保険が適用されない治療を受ける場合も多いです。

がん保険
は、このがんにかかった時「のみ」に保障が受けられる保険になっています。
そしてがんに特化している分保険料が比較的安めで、保障額もがんと診断された時点で100万円、150万円と比較的高めになります。

さらに入院すれば給付日数無制限で入院給付金も支払われ、その後の通院給付金や死亡保険金も出ます。
無論がんにならなければ保険金は出ませんし、それまで収めた保険料も戻ってきません。

生命保険の不払い問題について

  1. 生命保険の不払い問題について|
  2. 生命保険|
生命保険に加入していても、保険金が不払いになる場合があります。

加入後2〜3年後の自殺、契約者や受取人が被保険者を殺害した場合、告知義務違反を犯した場合です。
またガン保険の落とし穴として、一部のガンで保険金が出ない場合があります。このうち、告知義務違反に関する不払いで問題が起こりました。告知事項との因果関係が全くない病気に対し告知義務違反と判断されるケースがその1つです。

本来もらえるはずの保険金が何の関係もない病気と関連付けられてもらえなくなってしまうわけです。
また、医師の診断がなく、被保険者が病気だと知らなかった場合にも告知義務違反を適用させたケースがあります。知ってて黙っていた場合であれば被保険者側に問題がありますが、この場合はとても納得できないでしょう。告知義務違反と関係ない部分でも不払いの問題は起きています。

不払い問題の代表にあげられるのが請求勧奨漏れによる不払いです。保険金請求があった際に、同時に特約等の他の請求ができる可能性を契約者に案内せず、その結果被保険者からの請求がなく保険金を支払わなかったというケースです。この問題は長年行政でも触れられず、近年になって問題視されるようになりました。

これらの問題はバブル崩壊後の不景気も背景にありますが、保険会社の不誠実さや怠慢によるものが大きいです。しかし被保険者、つまり私達もどのような保険に加入しているのか、どういった特約をつけているのかをしっかり把握し、人任せにしないようにすることが重要です。

ライフプランと生命保険

  1. ライフプランと生命保険|
  2. 生命保険|
多くの人は保険料を無駄に払っているのではないでしょうか?
そうならないため、あるいはその状態から脱却するためにライフプランを立てることになるわけですが、いきなりではどのように計画すればいいのかわからないかもしれません。

そこでまず20代から30代前後の就職や結婚、子どもの誕生やその人数など、人生において重要な部分から考えてみると良いと思います。
先のことは誰にもわかりませんし、必ずしも希望通りの結果にはならないと思いますが、ライフプランを立てて保険を含めた無駄のない資金運用をすることで、プランの実現、そして豊かな人生を送ることが可能です。

しかし1人で考えるには限界があります。
そこでまず、身近な人生の先輩である両親に相談すれば有用な情報が得られるかもしれません。保険料などでの失敗談があればそうならないようアドバイスももらえると思います。

また、ファイナンシャルプランナーの方もいらっしゃるので、上手な資金運用の方法を教えてくれるでしょう。
ライフプランは自分自身のことですので、人任せではなく、実現のための積極的な行動が大切です。

見直そう生命保険

  1. 見直そう生命保険|
  2. 生命保険|
ライフプラン(人生設計)、第一生命では生涯設計と呼ばれていますが、自分にはどの生命保険が合っているのか、どのプランに入れば安心なのか…それを決定するために必要なものです。

今の保険を選んだ理由が「保険会社に進められるがままに」という方も多いと思います。
その結果、必要のない特約がついていたり、自分には過剰な保障だったりして、最終的に高い保険料を払わされることになります。
思いもよらない病気がいきなり襲ってくるということもありますが、多くの場合は保険料を無駄に払っていることになってしまいます。
見直そう生命保険!

前のページ 次のページ