最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

賢い生命保険の選び方

  1. 賢い生命保険の選び方|
  2. 生命保険|
最近の傾向は、30代 女性の生命保険の選び方は、来店型の総合保険代理店のファイナンシャルプランナーにじっくり相談することのようです。各社が投入する保険商品も多様化し、専門家の助言をもとに様々な商品をじっくり比較したいという消費者が増えているからです。

数ある保険商品の中から、自分や家族に合うタイプの商品を紹介する来店型の「総合保険代理店」が増えている。...ファイナンシャルプランナーがじっくり相談に応じてくれる。生命保険や損害保険は、セールス担当者の説明を聞いても、どの商品が本当に合っているのか迷うもの。仕事のつき合いなどで複数の保険に契約し、保障額が必要以上に高額になってしまうこともある。
生損保各社の商品を幅広く取り扱っている総合保険代理店は、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ相談員のアドバイスを受けながら、自分の収入や家族構成などにマッチした商品を選べる。

現在加入している保険の証書を示せば、それが自分に適している商品かどうかも診断してくれる。病歴がある場合の保険会社との交渉や、住所変更などの届け出、保険金の請求などを、本人に代わって行うサービスもある。「みんなの保険プラザ」では、乳がんの早期発見セミナーなど、女性向けのサービスが充実している。各店の相談は、結婚して子供が生まれるころの30代の利用が多いという。2001年に医療や介護など「第3分野」の保険商品の販売が国内保険会社にも解禁され、外資系との競争が激化してきた。

総合代理店は独立系が中心だが、数年前から、複数の保険会社などが運営する形態も出ている。三井生命保険、住友生命保険、三井住友銀行は、共同で「ほけん百花」を出している。保険会社はこれまで、「生保レディー」などの営業担当者が、地域の職場などをきめ細かく回って顧客を開拓してきた。...
代理店でアドバイスを受けても、契約先を決めるのは、あくまで自分自身。信頼できる相談員を見つけて、上手に保険を選びたい。(引用:読売新聞)